Kiyoshi

今回はギタリストのKiyoshi。

本名本間清司。

ギターを飛び道具のように自由に使うギタリストです。

現在はMAD BEAVERSやfreemanとして活動しています。

きっかけ

hide with Spread Beaverのメンバーとして知りましたが、過去に無敵バンドのビデオでVIRUSとして出ていたのを見ていたみたいですね。

サポートギタリストや掛け持ちをしているバンドを調べて聴いてみるのが好きで、彼のギターの自由さに衝撃を受けました。

非常にトリッキーなギタリストと思いきや、音作りはシンプルで、エフェクターの使い方に工夫を凝らすスタイル。

中でもワーミーの使い方は随一だと思っています。

本人の頭の中ではリフが鳴っている「両手放し奏法」はあまりにも有名w

machine

HAKUEIとのデジロックユニット、machineのアルバム「captain sonic tune」はそれを堪能できるアルバムです。

特にファーストシングルでもある「hero」はギターソロが秀逸。

デジタルとロックの融合は大好物ですw

最近の音楽をそこまで聞いていないので、あまり迂闊なことは言えませんが個人的にはアニソンやゲーム系の音楽に引き継がれてる感がありますね。あとアイドル。

「ALIEN DIVE HERE」

未だにそうなのですが、最新情報を常にチェック出来ない癖がありまして、ある時CD屋で見つけた彼のミニアルバム「ALIEN DIVE HERE」を見つけ即買いしました。

出してから結構経っていたのは覚えていますw

彼にしか出せないであろう歌声で彼らしいギター。

こちらもオススメのアルバムです。

4曲目はMarilyn Mansonのオマージュですよね多分。

ギターと機材

「MYシリーズ」といわれる、FERNANDES製のシグネチャーモデルがあります。

いわゆる変形ギターですね。

ファイヤーバードのような大きなボディのギターです。

近年では他のギターを使っているところもよく見ます。

また、モッキンバードをベースに改造されたギター「ベルゼブブ」も有名です。

hideモデルのギターを勝手に改造したらしいですw

hide with Spread Beaver時代のものと

machine時代のものの2種類があります。

機材に関してはマルチエフェクターとプリアンプは覚えているのですがメーカー等は覚えていません。ラックが寂しいから何となくいれたのも入っていたはずw

あとはワーミーとワウのBAD HORSIEを使っていました。

「本音清司」

KiyoshiはJ-ROCKMAGAZINEで本音清司という対談を連載していました。

その中でも印象に残るのは、筋肉少女帯のギタリスト橘高文彦との対談で、意外と共通点が多いという話をしていました。

橘高文彦もメタルを中心にしながら多彩なギタリストですが、マーシャル三段とオーバードライブ、ワウで全部作ってしまう非常にシンプルな音作りをしています。

残念ながら内容はほとんど覚えていませんw

ただKiyoshiの考え方に触れる貴重なものでした。

Kiyoshiが誰かから聞いたという「良い音楽も悪い音楽もない」という言葉は胸に刺さりました。

こじれてアンチメジャーになりかけてたんですよね。

もっと柔軟に良い音楽を聴いていこうと思えました。

結局はこの様ですがw

最後に

今もなお自分だけの音楽を目指してKiyoshiは

MAD BEAVERSやfreemanなどの活動を続けています。

昔ギター教室もやっていたような記憶がありますが、今は記載されたページを見つけられませんでした。

東京に住んでない自分を呪ったので記憶は確かですw

hideが好きだった人や初めて知った人は是非彼の音楽に触れてみてください。

本人はジャンル分けを嫌っていますが、激しいロックが好きな方にはハマると思いますので是非。

オフィシャルサイト

Kiyoshi – official website

Twitter

コメント

タイトルとURLをコピーしました